不動産の鑑定評価  鑑定評価・調査報告のご案内
   不動産の鑑定評価とは、ただ単に不動産の値付けをすることではありません。個々の不動産の特性、地域的な条件、権利の態様などさまざまな事項を調査分析し、その不動産の適正な価格を求めるのです。個別の不動産ごとにあらゆる角度から調査分析を行って、適正な価格を導き出してゆく過程と、不動産鑑定士の合理的な判断基準を示し価格を決定する業務、これが「不動産の鑑定評価」なのです。
 不動産の鑑定評価は、以下のような場合に役に立ちます。
 
  • 不動産の売買および交換
  • CRE (企業不動産)戦略への対応
  • 不動産の証券化
  • 国際会計基準の導入に伴う時価会計への対応
     ( 減損会計シーンでの鑑定評価のご案内 ) ( 賃貸等不動産の時価開示 )
  • 資産価値の把握
  • 不動産の担保価値の把握
  • 不動産の賃貸借における地代、家賃の把握
  • 財産相続において遺産分割を行う場合
  • 共同ビル事業・市街地再開発事業
  • 土地区画整理事業
  • 税務上の証明資料
  • 不動産に係る訴訟において
  • 現物出資において
  • 不良債権の償却
  • 会社分割に伴う資産評価
  • 会社更生に伴う財産評価 etc.
  •  



      デューデリジェンス
       デューデリジェンスとは、不動産を物理的・法的・経済的に徹底的に精査し、最終的にその不動産の経済的価値を導き出すことです。現在稼動中のビルを取得する際はもとより、担保物件の適正な価格をお知りになりたいとき等にお役に立てます。
     



      不動産価格に関する調査  鑑定評価・調査報告のご案内
       不動産の本来の鑑定評価では、不動産鑑定評価基準に定める必要的記載事項や評価手法(価格を導き出す方法)を尽くすことが必要です。しかし、そのエッセンスだけを抽出した調査でも、不動産の価格に関する十分な情報を得ることができます。継続的に不動産担保設定を業務とされる金融機関様の担保評価業務において、われわれの作成した調査書がその真価を発揮することでしょう。
     



      不動産市場に関連する分析・コンサルティング
       不動産に関連するコンサルティングとは、顧客の皆様の不動産に関するさまざまなニーズを的確に把握し、総合的・実証的に解決策を提案していく業務です。
     私たち(株)不動産市場科学研究所では、鑑定評価の理論に加え、不動産に関する法律、経済、会計、統計的手法などの総合的な知識を生かして解決策を導き出します。以下のような場合に、私達の不動産市場分析・コンサルティングがお役に立ちます。
  • データの統計解析による不動産市場調査
  • 再開発・共同ビルに関するコンサルティング
  • 土地有効活用
  • 土地区画整理事業支援
  • 補償業務支援
  • 地価水準調査
  • 土壌汚染地評価
  • 需要予測等のデータ分析
  • 時価評価業務支援
  •  



      講演・執筆
       不動産に関する講演、教育、執筆等、さまざまなニーズに対応させていただきます。
     



      その他
       弊社は社内外のさまざまな専門知識を持った各界の専門家と連携し、幕を開けようとしている新たな時代における不動産関連ニーズにお応えいたします。